アコム

歯科助手の年収は?手取り額はいくら?年齢別の給料・ボーナスは?

歯科助手は、歯科医院での受付や事務作業の他、治療で使用する器具の準備や洗浄など、歯科医師や歯科衛生士のサポートを行う仕事となります。

歯科助手は歯科衛生士と混同されやすい職業ですが、国家資格の有無や業務内容など様々な違いがありますので、給料やボーナスも異なります。

そこで、歯科助手の年収や手取り額について、また歯科助手の年齢別の給料やボーナスについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

歯科助手の年収は?手取り額はいくら?

歯科助手の年収は、求人情報などに掲載されている金額から見ると、おおよそ250万円~300万円が平均的な年収になります。

月収としては18万円~23万円、年間のボーナス額は30万円~50万円程度が目安の金額となります。

歯科助手は正社員ではなく、パートやアルバイトとして勤務する人も多く、時給の場合は900円~1200円程度が相場です。

また、歯科助手の手取り額は、250万円~300万円のおおよそ8割程度となりますので、手取りの年収はおおよそ200万円~240万円程度となります。

年収200万円では生活できない?結婚は?手取り額や税金・保険料は?

歯科助手の平均給料と手取り額

歯科助手の平均収入
年収 250万円~300万円
月収 17万円~23万円
ボーナス 20万円~40万円
歯科助手の手取り額
年収 200万円~240万円
月収 14万円~19万円
ボーナス 16万円~32万円

歯科助手の年齢別の給料やボーナスは?

歯科助手は、公的な病院や自治体の施設での公務員としての募集はほぼありませんので、基本的な就職先は民間の歯科医院となります。

そのため、歯科助手の給料やボーナスは、勤務先の歯科医院によってかなり異なります。

ただ、基本的には勤続年数によって昇給しますので、年齢が上がれば給料もアップしていきます。

歯科助手は、20代~30代までは年収300万円以下、月収も20万円以下となり、40代~50代になってやっと年収が300万円を超える場合が多くなりますので、昇給のスピードはそれほど速いとは言えないでしょう。

歯科助手の年収・月収・ボーナス

20代歯科助手の給料
年収 200万円~250万円
月収 15万円~18万円
ボーナス 20万円~40万円
30代歯科助手の給料
年収 230万円~280万円
月収 17万円~20万円
ボーナス 30万円~50万円
40代歯科助手の給料
年収 250万円~300万円
月収 18万円~23万円
ボーナス 30万円~50万円
50代歯科助手の給料
年収 280万円~350万円
月収 20万円~25万円
ボーナス 40万円~60万円
60代歯科助手の給料
年収 250万円~300万円
月収 18万円~23万円
ボーナス 30万円~50万円

歯科助手と歯科衛生士の給料の違いは?

歯科助手と歯科衛生士は、歯科医院に勤務するという点は同様ですが、業務内容や給料は異なる職業となります。

歯科衛生士として働くためには国家資格が必要となります。また、治療を補助したり、保健指導などを行い、実際の歯科診療に関わる業務を行うのが歯科衛生士です。

対して、歯科助手は特に資格は必要ありません。また、主な業務は受付事務や会計作業、治療器具の受け渡しなどとなり、直接診療に関わる業務を行うことはできません。

そのため、あくまでもサポート業務である歯科助手は、専門性の高い歯科衛生士と比べると、給料も低くなります。

歯科衛生士の年収は?手取り額はいくら?年齢別の給料・ボーナスは?

歯科助手と歯科衛生士の平均年収

歯科助手 250万円~300万円
歯科衛生士 300万円~400万円

歯科助手は資格取得で年収アップが見込める

歯科助手は国家資格が必要のない職業ですが、歯科助手に関する資格が全くないというわけではありません。

日本歯科医師会や全国医療福祉教育協会などでは、歯科助手資格や歯科助手専門員といった民間の資格を認定しています。

歯科助手の認定資格を取得している場合は、資格手当を支給する歯科医院もありますので、資格の有無によって給料に差が出ます。

そのため、歯科助手で年収をアップさせたいという方は、認定資格の取得を目指してみると良いでしょう。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ