アコム

一人暮らしの初期費用がない!?引っ越し代や生活費がない時の対処法は?

一人暮らしをしたいと思っても初期費用がなければ、引っ越しをすることも部屋を借りることも出来ませんよね。

仮に、引っ越し代が用意できたとしても、一人で生活をしていくためには毎月の生活費も必要になります。

一人暮らしを始めるにはある程度まとまった費用が必要となりますので、もし今手元にお金がないという方は、どうにかしてお金を用意する必要があるのです。

そこで、一人暮らしの初期費用や引っ越し代、生活費がない時の対処法についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

一人暮らしの初期費用がない!?初期費用で必要な金額は?

一人暮らしを始めるためにまず必要となるのが、引っ越し代や借りる部屋を契約するための初期費用となります。

引っ越し費用は、移動距離や荷物の量、3月~4月の繁忙期の引っ越しかどうかにもよりますが、単身の引っ越しの場合はおおよそ2万円~5万円程が相場となります。

ただ、引っ越し代は引越し侍のように、複数の業者の見積もりを比較することで相場よりも費用を安く抑えることができます。

また、敷金や礼金、鍵の交換費用などの賃貸物件の契約に掛かる初期費用は、家賃の5ヶ月分~6ヶ月分が目安となりますので、仮に引っ越し代が3万円で、家賃5万円の物件を借りる場合は、初期費用として最低でも30万円程度は必要になると言えます。

引っ越し費用はいくら?一人暮らし・単身の総額や相場、初期費用は?

一人暮らしと実家暮らしの生活費は?

一人暮らしには初期費用の他に、当然毎月の生活費も掛かります。実家で暮らしていた頃は、生活費について意識する機会があまりなかったという方も多いでしょう。

一人暮らしでは、家賃の他に光熱費や食費など、親が支払っていた費用を自分で支払う必要があります。

特に、東京などの都心部では最低でも毎月10万円以上の生活費が必要となりますので、仮に実家暮らしで家に毎月3万円程度を入れていたとしても、東京での一人暮らしと比べると生活費には倍以上の違いがあると言えます。

一人暮らしは最低いくら必要?初期費用や相場、毎月の生活費の目安は?

一人暮らしと実家暮らしで必要な費用の違い

一人暮らしの主な生活費
家賃 3万円~5万円
※東京23区では6万円~8万円以上
食費 2万円~4万円
光熱費・水道代 1万円~1万5千円
通信費 1万円~1万5千円
生活用品の購入費用 5千円
交際費 1万円~2万円
実家暮らしの主な生活費
家に入れるお金 3万円程度
交際費 1万円~2万円

一人暮らしの引っ越し代や生活費がない時の対処法は?

一人暮らしには、引っ越しや敷金などの初期費用として最低でも30万円前後、また家賃を含む生活費として毎月10万円程度は掛かります。

仮に、カプセルホテルやネットカフェで寝泊まりをするのであれば、1ヶ月数万円で生活できるかもしれませんが、部屋を借りて一人暮らしをするならある程度まとまったお金が必要になります。

貯金がある方なら貯金を切り崩せば良いですが、貯蓄がない方でもお金を用意するための対処法はいくつかあります。

一人暮らしの費用を用意する方法

アルバイトや副業をする
    お金がないなら働いて稼ぐことがまず第一ですよね。現在仕事をしている方でも、アルバイトを増やしたり、副業などが出来れば一人暮らしの費用を用意することが出来るでしょう。ただ、会社によってはアルバイトや副業を禁止しいてる場合もあり、時間的に余裕が無くて働けないという方も難しいでしょう。
所持品を売る
    自分が持っている服やバック、本やゲームなどを売るというのもお金を用意する方法の1つです。特に、ブランド物や高級な品物を所有している方は、リサイクルショップやネットオークションで売ればまとまったお金になるでしょう。ただ、一般的なマンガやゲームなどは、よほどの量でない限り数万円、数十万円といった金額を受け取るのは難しいと言えます。
家族や友人にお金を借りる
    引っ越し代や生活費は、身内や仲の良い友人に借りるという方法もあります。ただ、いくら親しい関係であっても、お金の貸し借りはあまり好まれるものではありません。特に友人からお金を借りた場合、関係に支障をきたしたり、後日トラブルになる可能性もありますので、くれぐれも注意が必要です。
節約してお金を貯める
    お金を貯めるには、働くという選択肢の他に、節約をするという方法もあります。お酒やタバコなどの嗜好品を止める、友人と遊ぶ回数を減らす、欲しい物を我慢するなど、なるべくお金を使わないようにすればお金は貯まります。ただ、節約で数十万円単位のお金を貯めるとなるとかなりの時間が必要になりますので、今すぐに引っ越し代や初期費用が必要という方には不向きな方法ですね。
カードローンでお金を借りる
    出来るだけすぐに引っ越し代や生活費を工面したいという方には、カードローンがおすすめです。カードローンは、早ければ即日融資が受けられる場合もありますので、どうしてもすぐにお金が必要という方には、非常におすすめの対処法です。

一人暮らしは引っ越しをしてからも生活費が掛かる

ほとんどお金を使わなくて済む実家暮らしと違い、一人暮らしは何かとお金が掛かります。

一人暮らしを始める際には、数十万円単位の引っ越し代や初期費用が掛かりますが、いざ一人暮らしを始めてからも当然生活費が必要になります。

生活費は人によって個人差はありますが、仮に東京23区で暮らす場合は最低でも毎月10万円以上のお金が無ければ、一人暮らしを続けていくことは難しいと言えるでしょう。

アコムなら1万円からでも借り入れできる

一人暮らしのお金に困ったらアコムのカードローンがおすすめです。

一人暮らしをしていれば、飲み会が多い月もありますし、冠婚葬祭などで急な出費がある月もありますよね。そのため、月によってはどうしてもあと1万円、2万円足りないという場合もあるでしょう。

アコムは、1万円や2万円といった少額からでも借り入れをすることができます。一時的に足りない分を借りても、給料が入ってからすぐに返済をすれば、それほど利息を心配することもありません。

アコムは、インターネットやコンビニのATMなどからも借り入れや返済ができますので、少額で気軽に利用したいという方にもおすすめです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ