アコム

【アコム30万円可決】フリーター・アルバイトでも即日キャッシング

アコム
年齢・性別 26歳男性
職業 フリーター(アルバイト)
勤続年数 3年
年収 240万円
クレジットカードの有無 1枚(利用限度枠20万円)
他社の借入金額 なし 融資金額 アコムで30万円可決

26歳のフリーターがキャッシングできた理由

一般的にキャッシングの申し込みでは、アルバイトなどで生活をしている、いわゆるフリーターの方は、審査が非常に厳しくなる傾向にあります。特に、一人暮らしで連絡手段が携帯電話のみとなると、さらに属性が下がりますので、キャッシングの審査では不利になります。

今回のこの方も、一人暮らしで連絡手段が携帯電話しかなく、フリーターとして生計を立てている20代の方ですが、アコムに申し込みを行ったことで、即日で30万円の融資が可能となった事例です。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

フリーター(アルバイト)がキャッシングを利用するには?

通常キャッシングの利用では、20歳以上で毎月安定した収入がある方なら、どなたでも利用することができます。特に会社員でなければならない、公務員しか借入できないといった制限はありませんので、アルバイトやパートでも、毎月安定した収入があればキャッシングを利用することが可能です。

しかし、アルバイトで仕事をしているケースでは、仕事が変わる頻度が高く、毎月の収入が少ないというのが一般的です。また、アルバイトは休業補償や休業手当などもありませんから、けがや病気などで仕事を休むと、その分、給料が少なくなります。

金融会社が1番危惧することは、融資をした後の毎月の返済となりますので、会社員や公務員の方と比べると、アルバイトの方はキャッシングで融資を受けにくい属性と言えます。

ただ、アルバイトの方でも、比較的融資を受けやすいケースがあります。
それは、勤続年数が長い場合ですが、一般的に勤続年数が3年~5年以上、あるいは5年~10年以上となると、毎月安定した収入を得ていると判断されることとなりますので、キャッシングやカードローンなどで融資が受けやすくなります。

またこれは、アルバイトやパートも同じで、一般的に属性が低くなるアルバイトやパートの方でも、勤続年数が3年~5年以上、あるいは10年以上というケースでは、アルバイト歴が半年~1年という方よりも、キャッシングの審査に通りやすくなるのです。

今回のこの方は、年齢的にもまだ20代ということもあり、1つの仕事を長く続けていると判断されたため、アルバイトでも即日で30万円の融資が可能となったものと考えられます。逆に、勤続年数が1ヶ月~2ヶ月であれば、融資を断られていた可能性が非常に高いと言えるでしょう。

キャッシングでは転職が不利になる?

キャッシングの審査では、申し込み時に入力した情報を元に、融資が可能かどうかを判断していますが、特に収入面・仕事面については、その後の返済がしっかりとできるかどうかに直結する項目となりますので、非常に重要度の高い項目です。

そこで、キャッシングの利用では、1つの会社に長く勤めていればいるほど属性が高くなりますので、転職回数は少ないほうが有利なのです。逆に、短期間で転職を繰り返していると、毎月の収入が安定していないと判断されますので、キャッシングの審査では不利になります。

これは、たとえ自分の能力を高く買ってくれた会社に転職をしたとしても、たとえ引き抜きなどで転職をすることになっても、金融会社はその方の転職理由までは把握することができませんので、記録上は「転職回数が多い」「仕事を転々としている」と判断します。

そのため、キャッシングやクレジットカード、ローンなどの利用では、勤続年数は長ければ長いほど有利となり、逆に短ければ短いほどローン審査が不利になります。

また、30代~40代以上で、勤続年数が3年未満、あるいは5年未満というケースも、キャッシングやローン審査では非常に不利になります。勤続年数は年齢と共に長くなるものと認識されますので、同じ勤続年数でも20代と40代、20代と50代では、その意味が異なるようになります。

今回のこの方も、一般的に属性が低いとされるアルバイトではありますが、20代で勤続年数が3年という点からも、毎月安定した収入を得ていると判断されたものと考えられます。キャッシングの利用では、勤続年数も非常に重要なポイントとなりますので、転職をする際にはよく考えた上で決断されることをおすすめします。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ