アコム

カードローンに連帯保証人は必要?保証人なしで借り入れできる?

カードローンの利用では、原則として保証人なしで利用することができます。また、銀行が発行しているカードローンでは、連帯保証人の代わりに保証会社が保証する仕組みとなっていますので、銀行系のカードローンも原則として保証人は不要です。

ただ、場合によってはカードローンの申し込みでも、連帯保証人が必要となるケースがあります。その場合には、連帯保証人を付けて融資を受けることとなりますが、ではどういった場合に連帯保証人が必要となるのでしょうか。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

カードローンの利用で連帯保証人は必要?

カードローンの利用では、無担保・無保証で融資を受けることができますので、原則として連帯保証人は不要となります。また、銀行系のカードローンでは、保証会社が保証をすることとなりますので、銀行系カードローンでも連帯保証人は原則不要です。

しかし、希望する融資金額や融資を受ける方の状況などによっては、カードローンの利用でも連帯保証人が必要となるケースがあります。

では、どういった場合に連帯保証人が必要となるのでしょうか。

借り入れをする際に連帯保証人が必要となるケースとは?

連帯保証人が必要となるケースでは、カードローンの利用だけではなく、通常のキャッシングや事業者向けのビジネスローン、自動車ローンなどでも保証人が必要となる場合があります。

融資金額が大きい場合

    カードローンなどで融資を受ける場合には、融資を受ける方の年収によって利用限度額が設定されます。これは、自動車ローンやキャッシングなども同じで、申し込みを行った方の年収によっては、これ以上の借り入れが難しいというケースがあります。年収とは、その後の返済能力を表すものとなりますので、年収が低いと連帯保証人が必要となるケースが多くなります。

他社の利用が多い場合

    他社の利用が多い場合にも、連帯保証人が求められるケースがあります。
    カードローンの利用では、原則として無担保・無保証で融資を行いますが、他社の利用が多ければ多いほど、その後の貸し倒れリスクが高くなりますので、これ以上の融資が難しいと判断される場合があります。
    他社の利用については、申し込みを行う方の年収によっても異なりますので、年収が低く、他社の借り入れも多いとなると、連帯保証人を求められるケースが多くなります。

返済の遅れや延滞があった場合

    過去に返済の遅れや延滞があった場合には、申し込みを行う方だけの信用では融資が難しいと判断され、連帯保証人を求められることがあります。
    特に、無担保・無保証の融資では、その方の信用によって融資を行うようになりますので、毎月の返済に遅れがあると、その後の融資が非常に難しくなります。連帯保証人を求められるかどうかは、申し込みを行う方の信用度によりますので、毎月の返済だけは遅れずに行うことが重要です。

連帯保証人なしで融資を受けるには?

連帯保証人なしで融資を受けるには、信用力と返済能力を高めることが重要です。

信用力とは、毎月の返済がきちんとなされているかどうか、遅れずに返済しているかどうかが重要なポイントです。また返済能力とは、毎月いくらまでなら返済ができるのか、年間でいくらまでなら支払いが可能なのかが、その方の返済能力です。

返済能力は、毎月の収入によっても異なりますので、すぐに改善ができるものではありませんが、信用力については、自分自身で高めることができるものです。毎月遅れずに支払うということだけで、自分自身の信用力を高めることができるのです。

連帯保証人が必要となる理由は、信用力が足りない場合、返済能力が低いと判断された場合です。
これらを改善することで、カードローンの利用でも、キャッシングでも自動車ローンでも、連帯保証人を求められることがなくなりますので、借り入れをする場合には、信用力と返済能力は非常に重要なポイントなのです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ