アコム

カードローンは個人事業主でも借りれる?自営業でも融資は可能?

カードローンを利用する際に、「個人事業主でも利用できるの?」と疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

一般的に個人事業主の方は、会社員や公務員の方よりもカードローンの融資を受けにくい属性となり、審査に通らなかった、審査に落ちてしまったという場合もあります。

では、個人事業主の方がカードローンで融資を受けるにはどうすれば良いのでしょうか。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

カードローンは個人事業主でも借り入れできる?

カードローンの利用は、仕事をしている方で毎月安定した収入を得ているということであれば、カードローンで融資を受けることができます。また、アルバイトやパートの方、派遣社員や契約社員の方でも、毎月安定した収入を得ていれば、カードローンで借り入れをすることができます。

そのため、原則としては個人事業主の方でも、カードローンを利用することが可能ですから、カードローンが全く利用できないということはありません。

しかし、実際に個人事業主の方がカードローンに申し込みをしてみると、審査に通らず、融資を断られるケースが非常に多くあります。特に銀行のカードローンでは、個人事業主の方が審査に通るのは、かなり難しいと言えるでしょう。

他社の利用状況やこれまでの返済状況なども関係しますが、個人事業主の方がカードローンを検討する際には、通常のキャッシングか、事業者ローンに申し込みをするほうが良いでしょう。

自営業もカードローンの融資は難しい?

自営業と個人事業主は原則として同じ意味となりますので、自営業の方もカードローンの利用は非常に難しいと言えます。

これは、自営業や個人事業主の方は、毎月の収入が不安定と見られることが原因です。会社員や公務員の方であれば、国や会社から給料を受け取ることができますが、自営業・個人事業主の方は、自らの営業活動によって収入を得ることとなりますので、収入が不安定と見られるのです。

もちろん、自営業・個人事業主の方でも、年収が高い方もいらっしゃいますし、かなり儲かっているという方もいます。ただ、一般的に自営業・個人事業主の方は、年間の所得が900万円~1000万円を超える場合は、法人化をしたほうが税金が少なくて済みます。

また、法人化することで社会的な信用も生まれますから、たとえ従業員が1人もいない場合であっても、ある程度の所得となれば個人事業主から法人組織にするのが一般的です。

そこで、何年も個人事業主として仕事をしているということは、言い換えれば毎月安定した収入を得ていないことを意味します。自営業・個人事業主がカード審査やローン審査に非常に弱いのは、こういった収入面の不安があるために、なかなかカード審査に通らないといったことが起こるのです。

個人事業主が借り入れをするなら?

個人事業主の方が借り入れをするなら、銀行や信販会社が発行しているカードローンではなく、通常のキャッシングか、事業者向けのビジネスローンを検討するほうが良いでしょう。仮に、個人的に借り入れをしたいということであれば金融会社のキャッシングを、仕事関係で借り入れをしたいということならビジネスローンに申し込むという流れです。

自営業・個人事業主の方は、カードローンの審査に通るのが難しいとはなりますが、通常のキャッシングや事業者ローンであれば、スムーズに審査を進めることが可能となりますので、急な出費等でお金が必要な場合は、キャッシングか事業者ローンがおすすめです。

また、事業者ローンの融資は、総量規制の対象外となりますので、現在個人的なキャッシングを利用しているとしても、年収の3分の1までといった借入上限は適用外となります。

こういった点からも、自営業・個人事業主の方は、事業者ローンを活用することでまとまった金額で融資を受けることができることでしょう。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ