アコム

つなぎ融資とは?ビジネスローンでつなぎ融資を受けるには?

つなぎ融資とは、一時的に融資を受けることを指します。事業所や会社の経営などでは、仕事が完了していても取引先からの入金が翌月、翌々月ということが多く、入金の目途はあるが手元に現金がないということが起こります。

しかし、家賃や光熱費、人件費などの固定費は、毎月かかりますので、手元に現金がなくても、先行して支払いをしなければならないことも多いのです。そういった時にビジネスローンを活用して、一時的に借り入れをすることで、先行して支払う固定費などに充てることができるようになります。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

つなぎ融資とは?

つなぎ融資とは、自営業や個人事業主、会社経営者の方が、当面の資金として借り入れをする融資を指します。

通常会社の経営では、取引先からの入金よりも、毎月の支払いのほうが先行するようになります。たとえば、家賃や光熱費、広告費や宣伝費、人件費や外注費など、たとえ売り上げがゼロでも支払いをしなければならないこともあります。その他にも、税金や社会保険料、雇用保険などの支払いもありますから、何もしなくても毎月かなりの金額を支出することになるのです。

そのため、会社経営では帳簿上は黒字となっていても、手元の現金が全くないということも起こりますので、場合によっては黒字倒産というケースもありえるのです。

つなぎ融資とは、経営を安定させるためにも非常に重要なものです。全ての資金を自己資金で賄うということは、現実的に不可能となりますので、そういった意味でも、つなぎ融資をいかに活用できるかが会社経営のポイントなのです。

ビジネスローンでつなぎ融資を受けるには?

ビジネスローンでつなぎ融資を受けるには、早めに相談することが何よりも重要です。

特に最近では、不景気の影響からか、仕事をしてもお金を払わない業者が多くなっている状況です。先払いで全額を受け取って、その後に仕事をするということであれば問題はありませんが、料金の後払いや請求書払いといった形式では、場合によっては支払期日までに入金が確認できず、その後も料金が未払いのまま、永遠と支払いをしてもらえないということも起こるのです。

これが大企業であれば、多少の未払いがあったとしても、他の取引先からの入金で賄うことも可能ですが、中小企業の場合は「料金の支払いがない=会社の倒産」に繋がる恐れがあります。

予定していた入金がないということは、その後の資金繰りを急激に悪化させる要因となりますので、つなぎ融資を検討する場合には、出来る限り早めに相談することが重要なのです。

ただ、銀行などの金融機関から融資を受けるのは、非常に難しいのが現状です。特に事業を開始して間もないというケースでは、銀行からの融資はほぼ期待できませんので、金融会社のビジネスローンを活用されることをおすすめします。

ビジネクストなら、これまでに数多くの融資実績がありますので、1番おすすめの金融会社と言えるでしょう。しかもビジネクストは、無担保・無保証で最大1000万円まで融資が可能となりますので、急な資金繰りでも安心して相談することができます。

さらにビジネクストなら、来店不要でつなぎ融資が可能ですから、忙しい経営者の方でも便利に活用することができるでしょう。

つなぎ融資は、会社を経営する上で非常に重要なものです。いざという時のためにも、ビジネクストのようないつでも繰り返し利用できる事業者ローンを活用することで、経営を安定化させることが可能となるのです。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

このページの先頭へ