アコム

プロミスの審査は厳しい?プロミス審査落ち・審査に通らない理由

プロミスプロミスとは、SMBCコンシューマーファイナンスのキャッシングサービスですが、プロミスでキャッシングの申し込みをする際に、「もしかしたら審査に落ちてしまうのではないか」「融資を断られるのではないか」と不安を感じている方もいらっしゃることでしょう。

では、プロミスで融資を断られる理由、プロミスの審査に通らない理由とは何でしょうか。プロミスで融資を受けられる人、融資を受けられない人の違いは何でしょうか。

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

プロミスの審査は厳しいの?

プロミスの審査では、20歳以上69歳以下で何らかの仕事をされている方なら、プロミスのキャッシングに申し込みをすることができます。プロミスは、大手のキャッシングサービスとなりますので、これまでに数多くの方が利用していますので、非常に利用実績の高いキャッシングサービスです。

そのため、プロミスの審査が他のキャッシングと比べて厳しいということは特にありません。
これまでの事例でも、他のキャッシングサービスと同様に、仕事をされている方で毎月安定した収入がある方なら、プロミスで融資を受けることができますので、審査が厳しい、審査に通らないということもありません。

ただ、プロミスに限らず、キャッシングの利用では、借り入れを行うためのいくつかの条件がありますので、プロミスの審査に通らない、プロミスで融資を受けられないという場合は、それらの条件に該当する可能性があります。

キャッシング審査に通らない理由、融資を受けられない原因について、下記に記載します。

プロミスの審査に通らない理由、審査に落ちる原因とは?

先ほど記載したとおり、プロミスのキャッシングでは、他のキャッシングと比べても、特に審査が厳しい、融資を受けられないということはありません。毎月安定した収入がある方であれば、通常どおりプロミスでキャッシングを利用することができます。

またこれまでの事例でも、会社員や公務員の方はもちろん、アルバイトやパート主婦の方でも、毎月安定した収入があれば、プロミスで融資を受けることが可能となっています。

しかし、下記に該当する場合には、プロミスに限らず、他のキャッシングサービスでも、融資を受けることができなくなります。

プロミスの審査に通らない理由とは?

    ・総量規制に該当する場合(年収の3分の1を超えた借り入れがある場合)
    総量規制とは、個人が借り入れできる上限を定めた貸金業法のルールですが、既に年収の3分の1を超えた利用をしている場合には、それ以上の融資を受けることができなくなります。
    また、現在利用中のキャッシングで、仮に融資枠が残っていても総量規制に該当する場合には、それ以降のキャッシングができなくなります。
    そこで、他社の借り入れがある場合には、年収の3分の1を超えていないかどうかを確認されることをおすすめします。既に借入上限を超えている場合には、どこに申し込みをしても融資を受けることができませんので注意が必要です。
    ただ、総量規制に該当することでキャッシングの利用が制限されている場合には、現在の借り入れを減らすことで、新たに融資枠を復活させることができます。毎月の返済額を多くするなどを行うことで、その後、再度キャッシングを利用することができる可能性があります。
    ・他社の支払いが遅れている、延滞している場合
    現在利用している他社のキャッシングで返済の遅れがある場合、延滞している場合には、プロミスで融資を受けることは非常に難しくなります。これは、クレジットカードの支払いや自動車ローンの支払いも同じで、キャッシングに限らず、他社で利用しているサービスで延滞や遅れがある場合には、それ以降の借り入れができなくなります。
    また、過去に利用していたクレジットカードやローンの支払いが遅れていたという場合も同様に、今後キャッシングを利用することは非常に難しいと言えるでしょう。
    キャッシングの利用は、あくまでも申し込みを行った本人の信用(信用力)によって融資を受ける無担保・無保証のサービスですから、これまでに支払いの遅れや延滞がある場合には、今後の利用が制限されることとなります。
    ・仕事をしていない場合、収入がない場合
    キャッシングの利用では、仕事をしていること、毎月安定した収入があることが借り入れの条件となりますので、仕事をしていない場合、収入がない場合には、キャッシングを利用することができません。また、入社して2日~3日しか経っていないというような、極端に勤続年数が短い場合も同様に、キャッシングの審査で断られる場合があります。
    逆に、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員など、正社員として働いていなくとも、毎月安定した収入があれば、プロミスで融資を受けることが可能となります。
    プロミスに限らず、キャッシングの利用では、毎月安定した収入があることが条件ですから、まずは仕事をして収入を得られるようになってから、改めてキャッシングの申し込みを検討されることをおすすめします。
    ・その他の理由
    その他の理由として、申込者と連絡が取れない場合、本人確認が出来ない場合、申し込み内容に誤りがある場合などが考えられます。
    特にキャッシングの利用では、第3者による不正申し込みやいたずら申し込みを防止するため、本人確認を徹底して行いますので、申し込み内容に誤りがあると、全く違う属性で審査が進むこととなり、場合によっては審査に落ちてしまうということもあります。
    そのため、キャッシングの申し込みでは、申込書に記載する内容は、正確に入力することが重要となります。

プロミスの審査に通るには?プロミスの審査に落ちないためには?

プロミスのキャッシング審査に落ちないためには、入力した申し込み内容をしっかりと確認して、申し込みを行うことが重要です。また、他社の返済状況や利用状況、現在の収入面や仕事面については、申し込みを行う前に自分で確認することができるものとなりますので、条件をクリアしているかどうかを確認することが必要です。

逆に、まだ仕事を始めて間もないというケース、収入が不安定で仕事をほとんどしていないというケースでは、現時点では申し込みをしても断られる可能性が高くなりますので、安定した収入が得られる仕事を探すことも必要でしょう。

プロミスのキャッシングでは、他社のキャッシングサービスと比較しても、特に審査が厳しいということはありませんので、仕事をされている方で、安定した収入がある方なら、どなたでも申し込みをすることができます。

またプロミスなら、女性の方でも安心して申し込みを行うことができますので、急な出費等でお金が必要な場合には、プロミスに申し込みを行われることをおすすめします。

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ