アコム

プロミスは総量規制?それともプロミスは総量規制の対象外なの?

プロミスプロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスのキャッシングサービスですが、プロミスのキャッシングを利用する場合、プロミスからのキャッシングが総量規制に該当するのか、あるいは総量規制の対象外なのかは気になりますよね。

そこで、プロミスのキャッシングが総量規制なのか、総量規制の対象外なのかは、総量規制について把握することが重要となります。

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

総量規制とは?総量規制の対象外とは?

総量規制とは、貸金業法で定める法律上のルールとなります。総量規制では、個人がキャッシングなどで利用できる限度額について、年収の3分の1までと定められています。

そのため、キャッシングの利用では、誰もが一律でいくらまで借り入れできるというものではなく、その方の年収によって利用できる金額がそれぞれ異なるようになります。言い換えれば、年収が高ければ高いほど、キャッシングで借り入れできる融資金額も大きくなり、逆に年収が低ければ低いほど、融資金額も低くなるのが総量規制で定められたルールとなります。

総量規制とは?総量規制対象外キャッシング・カードローンの利点

その他にも総量規制では、1社あたり50万円を越える場合、又は他社の利用も含めて100万円を越える場合には、その方の収入を確認するために収入証明書の提出が義務付けられています。

ただ、総量規制には一部例外が認められており、例外とされるキャッシングやローンの利用は、その方の借り入れに含めないこととなります。主な総量規制の例外では、銀行や信用金庫からの融資、住宅ローンや自動車ローンの利用、クレジットカードのショッピング枠の利用、不動産担保ローンや証券担保ローン、事業者向けのビジネスローンなどが例外となります。

プロミスは総量規制の対象なの?

プロミスは、通常のキャッシングサービスとなりますので、総量規制の対象となるキャッシングです。また、プロミスに限らず、一部例外として認められたキャッシングやローン以外は、全て総量規制の対象となりますので、他のキャッシングサービスやクレジットカードのキャッシング枠、カード会社や信販会社が発行しているローンカードなどは、総量規制対象の融資となります。

ただ、上記のような例外とされている総量規制の対象外サービスであっても、無制限にキャッシングを利用できるというものではありません。なぜ総量規制がなされたのかの理由は、個人がキャッシングやクレジットカードなどを使い過ぎることで、その後の支払いが困難になるケースが社会問題化したからであり、借り過ぎや貸し過ぎを防止するために総量規制が定められたのです。

そのため、原則としては総量規制の対象であっても、総量規制の対象外であっても、キャッシングで利用できる限度額は、おおむね年収の3分の1までとなりますので、総量規制対象のキャッシングを利用すれば損をするということもありません。

現在は、どのキャッシングサービスを利用しても、借り入れできる上限は、おおむね年収の3分の1までとなることは、覚えておくほうが良いでしょう。

プロミスでキャッシングを利用するメリットとは?

プロミスのキャッシングを利用するメリットは、申し込みをした当日に融資が可能となるという点です。

もちろん、申し込みをする時間帯によっては、当日中のキャッシングが利用できないという場合もありますが、他のキャッシングサービスのように、申し込みから3日~4日経って、やっと審査結果の連絡がきたということもありません。

しかも、プロミスならフリーター・主婦の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入がある場合は申し込みが可能なのです。プロミスは、キャッシングを利用する際も、その後の返済でも、来店不要で利用することができますので、非常におすすめのサービスと言えるでしょう。

急な出費などでお金が必要な場合には、プロミスのような安心して利用できるキャッシングサービスを選択することが重要なのです。

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ