アコム

支払利息の計算方法とは?利息の計算式・利息の計算方法とは

キャッシングの利用に限らず、クレジットカードの分割払いやリボ払い、住宅ローンや自動車ローンの利用など、何らかのキャッシングやローンを利用した場合、毎月の支払い金額は、借りた金額(元金)の他にも、日割り計算による利息を含めて支払いをするようになります。

では、毎月支払う利息の計算は、どのように算出するのでしょうか。
利息の計算式・支払利息の計算方法についてまとめました。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

利息の計算式とは?利息の計算方法とは?

利息の計算方法は、下記の計算式によって1日あたりの利息が決まります。また、30日間(1ヶ月間)の利息の計算は、1日あたりの利息に30をかけることで算出することができます。

    1日あたりの利息
    借り入れ金額 × 年率 ÷ 365日
    30日(1ヶ月)あたりの利息
    借り入れ金額 × 年率 ÷ 365日 × 利用した日数

たとえば、ある金融会社から年率18%で10万円の融資を受けた場合、1日あたりの利息は49円となります。年率18%で10万円を借りて、翌日に全額を返済する場合には、「100,000円+49円=100,049円」となりますので、翌日に支払う金額は100,049円です。

    10万円を年率18%で借りた場合の1日あたりの利息
    100,000円 × 18%(0.18) ÷ 365日 = 49円
    10万円を年率18%で借りて翌日に全額を支払う場合
    100,000円 + 49円 = 100,049円

たとえば、ある金融会社から年率18%で30万円の融資を受けた場合、1日あたりの利息は148円となります。年率18%で30万円を借りて、30日後(1ヶ月後)に全額を返済する場合には、「148円×30日間(4,438円)+300,000円=304,438円」となり、30日後(1ヶ月後)に支払う金額は304,438円となります。

    30万円を年率18%で借りた場合の1日あたりの利息
    300,000円 × 18%(0.18) ÷ 365日 = 148円(147.945円)
    30万円を年率18%で借りて30日後(1ヶ月後)に全額を支払う場合
    148円(147.945円) × 30日間(4,438円) + 300,000円 = 304,438円

元金が少なくなればなるほど利息も減る?

キャッシングやクレジットカードの利用では、各金融会社によって毎月の最低支払金額が決められています。

これは、「最低限、毎月この金額は返済してください」という金額になりますが、利息は元金に対してかかりますので、借りている日数が増えれば増えるほど、支払う利息も増えていくこととなります。
言い換えれば、元金が少なくなればなるほど、その後の利息も少なくなるのです。

たとえば、ある金融会社から10万円を年率18%で借りた場合、1日あたり49円で、30日間では1,479円の利息となります。30日後に1万円を返済したとすれば、「10,000円-1,479円=8,521円」となり、8,521円が元金の返済になります。

返済をした翌日以降は、最初に借りた10万円から8,521円を引いた91,479円(100,000円-8,521円=91,479円)が元金となり、1日あたりの利息が45円(91,479円×18%÷365日=45円)に下がります。

このように、利息以上の支払いをした場合には、全て元金に充当されますので、毎月多めに返済することで、通常よりも早く返済を終わらせることができるようになります。

借りたお金には必ず利息がかかる?

通常、お金を借りる場合には、必ず利息がかかるようになります。
これは、銀行や信用金庫で借り入れを行った場合でも、キャッシングやクレジットカード、ローンを利用した場合でも、毎月の支払いには、元金に利息を含めた金額を支払うようになります。

仮に、親や兄弟、親戚や友人などから借りる場合には、利息は不要で元金のみになることが多いのですが、銀行や信用金庫、金融会社などは慈善事業ではありませんので、貸し付けを行う際に利率を決めて、貸し付けた元金と決められた利率(年率)に応じた利息を、それぞれ返済することとなります。

特に住宅ローンでは、30年~35年のローンを組むこととなりますので、仮に年率が2%だったとしても、支払う利息の総額は500万円~1000万円以上になることもあります。

    住宅ローンで3000万円を年率2%で借りた場合の1日あたりの利息
    30,000,000円 × 2%(0.02) ÷ 365日 = 1,644円

住宅ローンで、3000万円を年率2%でローンを組むということは、1日あたり1,644円の利息を支払うこととなり、30日間(1ヶ月間)では49,315円も利息を支払うこととなるのです。仮に毎月10万円ずつの返済をしたとしても、年間で60万円前後の元金しか減らないということになります。

そのため、3000万円の借り入れで年率2%の35年ローンを組んだ場合の返済シュミレーションでは、毎月の返済金額はボーナス払い無しでおおよそ月額10万円、総支払金額は4100万円~4200万円前後となります。

住宅ローンは、借り入れ金額も大きく、返済期間も長く設定されますので、毎月の支払い金額がそれほど高くなくとも、利息で支払う総額では、かなりの金額になるのです。

キャッシングやクレジットカードの利用だけではなく、住宅ローンや自動車ローンなどにも利息がかかりますので、これらを利用する際には、計画的に利用されることをおすすめします。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ