アコム

キャッシングの利用は何件まで可能?借入件数で融資を断られる?

キャッシングを行う上で、他社の借入件数、他社の利用件数は、非常に重要なポイントとなります。

現在は、総量規制によって借り入れできる総額が、年収の3分の1までと定められていますが、仮に借り入れ総額が年収の3分の1を超えていなくても、他社の借入件数が多い場合には、キャッシングの審査に落ちてしまうこともあるのです。

では、キャッシングの審査で、他社の利用は何件まで可能なのでしょうか。
他社の借入件数によって、融資を断られることはあるのでしょうか。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

他社の借入件数はどこまでが件数にカウントされるの?

他社の借入件数とは、主にキャッシングを利用している場合に、他社の借入件数としてカウントされるようになります。

たとえば、アコムやアイフルといった他のキャッシング会社を利用している場合には、他社の借入件数としてカウントされますので、仮にアコム、モビット、アイフルの3社で利用していれば、借入件数は3件となります。

ただ、借入件数とは、全てのキャッシングが該当するわけではありません。キャッシングを利用していたとしても、借り入れの件数としてカウントされないものもありますので、どういったキャッシングならカウントされないのかを確認することも重要です。

借入件数とは?キャッシング申し込みで他社の借入件数の申告は?

キャッシングの利用は何件まで借り入れできる?

原則としてキャッシングの利用では、申し込みをした金融会社側が融資可能と判断すれば、何件でもキャッシングを利用することができます。

また、通常キャッシングでは、キャッシングを利用する方の収入によっても、どれくらいまでなら返済できるのか、いくらまでなら毎月遅れずに支払えるのかが異なりますので、何件以下なら融資可能、何件以上なら融資不可といった明確な決まりもありません。

そのため、キャッシングの利用が何件まで借り入れできるのかは、その方の収入面や仕事面、返済状況などによって異なるようになります。

キャッシングの借入件数で断られるの?

これまでの事例を元に総合的に判断すると、キャッシングの借入件数については、現在利用中のキャッシングが、おおむね4件~5件あると、その後の審査が極端に厳しくなる傾向にあります。これは、仮に総量規制で定められている年収の3分の1まで、まだ若干余裕があるというケースでも、借入件数が既に4件~5件になると、その次の融資を断られることが多くなります。

そこで、キャッシングの利用では、件数としてカウントされる他社の借入件数が4件、又は5件という場合には、それ以上の申し込みは行わないほうが良いでしょう。

既に、他社の借入件数が4件~5件の利用がある状態で、他のキャッシングに申し込みをしても、断られる可能性が非常に高くなります。また、短期間にあまりにも多くの申し込みを行うと、それ以降のキャッシングが利用できなくなる恐れもあります。

他社の利用が既に4件~5件以上ある方は、まずは現在の借り入れを減らすことが重要なのです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

このページの先頭へ