アコム

カードローンとは?銀行系・信販系カードローンの違いとは

カードローンとは、銀行が発行するキャッシング専用のローンカードやクレジットカード会社がキャッシング専用カードとして発行するローンカードを総称してカードローンと呼びます。

最近では、都市銀行(みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行など)が個人向けに発行しているキャッシングカードも多くなっていますので、こういったカードローンをテレビCMやインターネット広告等でも、目にすることが多いのではないでしょうか。

ただ、一言でカードローンと言っても、銀行が発行している銀行系ローンカードと、クレジットカード会社が発行している信販系ローンカードでは、それぞれに明確な違いがあります。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

銀行系カードローンとは?

銀行系カードローンとは、銀行が発行しているキャッシング専用のカードです。
銀行系は、銀行が直接個人向けに発行しているという点を除けば、サービス内容は一般的なキャッシングサービスとほぼ同じとなります。

ただ、アコムやプロミス、モビットなどのキャッシングサービスと大きく異なることは、銀行系カードローンでは総量規制の対象にならないことです。

これは、総量規制が貸金業を営んでいる会社に適用されるのに対し、銀行は銀行業となりますので、銀行系カードローンでは総量規制の対象外となるのです。

信販系カードローンとは?

信販系カードローンとは、クレジットカード会社が発行しているキャッシング専用のカードです。信販系は、クレジットカード会社や信販会社が発行しているという点を除けば、こちらもサービス内容は一般的なキャッシングサービスとほぼ同じです。

ただ、銀行系カードローンが総量規制の対象外であるのに対し、信販系カードローンは一般的なキャッシングサービスと同様に、総量規制の対象となります。

これは、クレジットカード会社も信販会社も貸金業となるためで、ショッピングなどのクレジットとは異なり、「お金を貸す」というキャッシングサービスでは、総量規制の対象となるのです。

銀行系カードローンと信販系カードローンでは、どっちがいいの?

キャッシングを検討する際に、銀行系カードローンと信販系カードローンでは、どちらが良いのかと悩む場合もありますが、これはその方の現在の状況や利用状況などによって異なるものです。

たとえば、楽天銀行の口座を持っている方や楽天市場をよく利用される方は楽天銀行カードローンがおすすめです。

これは、楽天銀行カードローンでは、新規で申し込みを行うと、楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンがあり、楽天市場を利用している方ならかなりお得ですね。また、楽天銀行の口座を持っている方であれば、毎月の返済が口座からの引き落としになりますので、ご自身で他行から振り込みを行う場合の手数料もかからず、かなり便利に利用することができます。

ただ、これらは楽天市場を利用している方や楽天銀行を利用している方にとっては非常に便利で魅力的ですが、楽天市場をほとんど利用しない方、口座を持っていない方からすれば、お得感という点ではあまり感じられないものでもあります。

逆に、現在クレジットカードを利用中の方で、たとえばJCBカードや三井住友VISAカードをお持ちの方であれば、JCBや三井住友VISAカードが発行しているカードローンのほうが、様々な特典が受けられて便利だと感じるかもしれません。

そういった点からも、現在の利用状況などによって変わってくるものと考えられます。

どちらかというと、やっぱり銀行系のほうがいいんじゃない?

このように、銀行系カードローンと信販系カードローンには、それぞれ特徴がありますので、一概にどちらのほうが良いとは言えません。

ただ、総合的に判断した場合、適用される金利も低く、総量規制の対象外という点からも、やはり銀行系カードローンのほうが、おすすめできるサービスとなります。

特に、楽天銀行カードローンでは、300万円まで収入証明書の提出が不要で、尚且つおまとめローンにも対応していますので、大きな金額でのキャッシングにも適しているサービスと言えるでしょう。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ