アコム

消費者金融の借金は就活に不利なの?借金の影響で就職できない?

就職や転職をする際に、現在の借金について、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

たとえば、消費者金融から借金をしていることで、「就職や転職が不利になるのではないだろうか」「転職先の会社に借金がバレるかもしれない」「借金が影響して就職できないかも」と、考えている方もいらっしゃることでしょう。

では、消費者金融などから借り入れがあった場合、その後の就職や転職に影響はあるのでしょうか。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

キャッシングやクレジットカードの利用は就活に不利?

消費者金融などのキャッシングやクレジットカードの利用などが、就活に不利になるかどうかは、どの企業に就職するのかによって異なるようになります。

たとえば、建設業や製造業などでは、求人に応募しただけでは、応募者の借金の有無は確認のしようがありませんので、消費者金融などからの借金が就活で不利になるということはありません。また、その他の職種でも、求人に応募しただけでは、本人の借金については確認ができませんので、借金があることで就職や転職に影響するということもありません。

応募した企業の面接などで、人事担当者から金銭面について確認をされたり、借金の有無について聞かれたりしなければ、特に就職や転職で相手企業にバレてしまうということはないでしょう。

ただ、就職や転職を希望する業界が、仮に金融業界だった場合には、消費者金融からの借金やカードローンの利用、クレジットカードの利用によっては、採用の合否に影響が出る場合があります。

金融業界は影響が出る?

仮に、就職先や転職先が金融業界であれば、現在の債務が影響して不採用となる場合があります。

たとえば、銀行に就職したいというケースで、キャッシングやカードローンなどで借り入れがあるとなれば、採用されるのは難しいと言えます。また、カード会社や信販会社、消費者金融などの求人も同じで、何らかの借金がある場合には、その企業に採用されるのは非常に難しいでしょう。

これは、クレジットカードの利用も同じで、クレジットカードは借金ではないと考えている方も多いのですが、クレジットカードは利用者の代わりに立て替え払いをしているものとなりますので、一般的な借金と同じ扱いとなります。

また、クレジットカードの利用状況を確認すれば、その人が普段どういった生活をしているのかもわかりますので、場合によっては就職や転職で不利になると言えるでしょう。

銀行や信用金庫などの金融機関に限らず、カード会社や信販会社、消費者金融系の金融会社でも、求職者のキャッシングやクレジットカードの利用状況などについて、個人信用情報機関に照会しますので、過去に利用があった場合には何らかの影響があると考えておくほうが良いでしょう。

ただ、企業によってはキャッシングを利用していても就職できたという事例もあれば、クレジットカードの利用があっても採用されたといった事例もあります。そのため、カードの利用状況については、あくまでも採用を決める要因の1つでしかなく、その他の項目でそれ以上の優位性があれば採用されるケースもあります。

銀行などの金融機関は身辺調査を行いますので、借金はないほうが望ましいことはもちろんですが、借金の有無だけで採用の合否が決まるわけではありませんので、まずは希望する職種、業界にチャレンジすることが重要と言えるでしょう。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ