アコム

楽天銀行カードローンは総量規制?それとも総量規制の対象外?

楽天銀行カードローン楽天銀行カードローンは、楽天銀行が個人向けに発行しているカードローンとなりますが、楽天銀行カードローンを利用する際に、はたして楽天銀行のカードローンは総量規制の対象なのか、それとも総量規制の対象外なのか、疑問に感じている方もいらっしゃることでしょう。

特にカードローンの利用では、借り入れ先が総量規制の対象なのか、それとも総量規制の対象外なのかは、融資を受ける上で非常に重要なポイントとなります。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

総量規制とは?金融機関と貸金業者の違いとは?

楽天銀行カードローンが、総量規制の対象なのか、それとも総量規制の対象外なのかは、貸金業法で定められた総量規制のルールを把握する必要があります。

総量規制とは、個人がお金を借りる際に、無計画にあまりにも多くを借り過ぎてしまわないようにするため、個人が借り入れできる上限を、最大でも年収の3分の1までと定めた貸金業法のルールです。また、総量規制では50万円を超える融資を行う場合、又は他社の利用も含めて100万円を超えた融資を行う場合には、その方の年収を確認するために、収入証明書の提出が義務付けられています。

これらは、法律上のルールですから、違反した貸金業者は行政処分の対象となり、罰則を受けることとなりますので、総量規制に関しては金融会社側も徹底して行っているのが現状です。

総量規制とは?総量規制対象外キャッシング・カードローンの利点

ただ、総量規制には、いくつかの例外が認められています。
その中の1つに、銀行などの金融機関が融資する場合は、貸金業法が適用されないというものです。

銀行などの金融機関は、個人や法人からお金を預かり、預かったお金を運用して利益を出すのが銀行です。自己資本などから、個人・法人にお金を貸すサービスを行うのが貸金業者となります。

そのため、銀行などの金融機関と、キャッシングなどのサービスを行ってる金融会社では、適用される法律が異なるようになりますので、銀行などが発行しているカードローンでは、貸金業法の総量規制には該当しない(総量規制の対象外)となるのです。

楽天銀行カードローンは総量規制?それとも総量規制の対象外?

楽天銀行カードローンは、楽天銀行が個人向けに直接融資を行うサービスとなりますので、総量規制の例外に該当するカードローンですから、総量規制の対象外となるサービスです。

また楽天銀行では、個人向けカードローンの他にも、住宅ローンや教育ローン、不動産担保ローンやブライダルローンなどの個人向けローンの取り扱いも行っていますが、これら全ての融資が総量規制の対象外となります。

そこで、楽天銀行カードローンを利用するメリットは、総量規制の対象外となるサービスというのはもちろん、利用限度額300万円までなら収入証明書の提出が原則不要になるという点です。

通常のキャッシングであれば、50万円を超える融資、あるいは他社の利用で100万円を超えている場合には、収入証明書の提出が必須となりますが、楽天銀行カードローンなら限度額300万円までなら、収入証明書の提出が不要となるのです。

しかも、楽天銀行は楽天市場を運営する楽天株式会社の子会社ですから、楽天市場で利用できる楽天スーパーポイントが付与される特典などもあり、通常よりもさらにお得に活用することができます。

楽天銀行カードローンでは、他社のおまとめローン・一本化も可能なサービスとなりますので、まだ利用していない方は、早めに申し込みを行われることをおすすめします。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ